終身保険,定期保険

終身保険と定期保険

定期保険と終身保険、この違いを知っておいた方が良いです。
私も保険に入る前は知りませんでした。

 

 

 

定期保険は、終わりのある保険です。
例えば、満期60歳としたら60歳で終わるのです。

 

 

 

終身保険は、終わりのない保険です。
死ぬまで続く保険です。

 

 

 

これだけの違いです。

 

 

 

60歳で保険がなくなってしまうと大変だと思います。
老いて、いよいよ保険を使いたくなる可能性の高い時に
保険がなくなってしまうということです。

 

 

そして、60歳になった時、新たな保険に加入できるか?
という心配もあります。
通常、保険会社は病気になる可能性の高いご老人は
引き受けたがりません。引き受けるにしても高い保険料を
課します。

 

 

 

60歳になって、高額の退職金が入る、
老後を賄える遺産が入る、
こういう事情がない限り
私は定期保険のメリットが見つけられません。

 

 

 

私は、終身保険で一生を保障しつつ、
一定期間だけ厚めの保障が欲しい時に「定期保険」で補い、
その一定期間が過ぎたならば
元の終身保険のみに戻すのが良いと思います。
もっともムダがないと思います。

 

 

 

日本人は保険大好きな民族と言われています。
そして、掛け捨てはもったいない、掛け捨ては嫌いという人が多いです。
ただし、返戻金というのは全て自分が払ったお金です。
掛け捨て保険というのは、一見もったいない気がしますが。
分かりやすく、毎月の保険料が最も少ない保険なのです。

 

 

 

必要な期間、必要な保障を買うという考えにすると、
ムダな保険料を支払わないで済むことになります。
この必要な期間、必要な保障を買うという考え
は中世ヨーロッパで保険が生まれた時の保険の考え方です。
保険の考え方の根本と言えます。

 

健康保険の高額療養費のページに進む