生命保険、加入時の注意事項

生命保険、加入時の注意事項

保険に入る時の注意事項として、一番大事なのが
いざ保険を使いたい時、きちんと保険金が下りるかどうかです。

 

 

保険加入時に、既往症などを告知しますが
その時にその担当者にいろいろ聞いた方が良いです。
医療保険の場合、命に別状のない件でも
通院中だとすると、加入できないことがあります。

 

 

 

加入できない保険に嘘をついて加入して、
いざ保険を使う時にそれがバレた場合
告知義務違反で、保険金は下りません。
それまでの保険料はムダになります。

 

 

 

FPさんでも、営業さんでも契約欲しさに
安易に「大丈夫ですよ〜」という場合がありますから
嘘をつかない担当者なのか、
あなた自身の目で判断する必要があります。
そういう目を養う、保険の相場を知るという意味でも
FPさん4,5社から話を聞くのが良いというわけです。
結局、人柄です。誠実な人のお世話になるのが一番良いです。

 

 

 

誰から保険に入るか、というのはとても大切です。
知識が豊富にある保険のプロから入ると
後々安心です。保険金を受けたい時、
「ああしなさい。こうしなさい。」と色々指導を受けられます。

 

 

 

一般的に、
生保レディは
・離職率が高い
・ノルマのために保険を売る
・自社商品しか売れない

 

 

 

独立系FPさん(保険会社の社員ではない)
→色々ある保険の中から「良い!」と思った保険を
売ることができる人。

 

 

 

どちらから保険を買った方が良い保険にありつけるかは
明白だと思います。

 

生命保険、所変われば品変わるのページに進む