生命保険 比較

国内大手生命保険との比較

国内大手の第一生命保険、医療保険と私の保険の比較です。
よく川柳大会をやっている会社です。
私、この川柳は好きです。
これはこれで面白いですよね。

 

 

 

さて、
35歳男性、生命保険

生命保険 第一生命 私の生命保険
保険期間 終身 終身
保険料払込期間 60歳 60歳
保険金額 500万円(最低500万円〜) 300万円
保険料 14620円(×3/5= 8772円) 1700円

第一生命は、最低500万円から加入できるとのことでした。
ニッセイも最低500万円からです。

 

 

500万円で14620円ということは、300万円分の保険料は8772円です。
高いです。余りに高すぎます。
計算間違いをしたか、と思うほどです。

 

 

この保険を売るには、やはり無知の人に疑問を抱かせず丸め込んで
保険に加入してもらうしかないでしょう。
新卒で入社した新人社員に、入社後の儀式のごとく
何も考えさせずに保険に加入させるような感じで(よくありますよね)。

 

 

こういう保険を売る会社が、大手でいられるということは
何も知らずに国内大手生保会社の保険をつけている方がいかに多いことか…。

 

 

 

 

さて、次に医療保険です。

医療保険 第一生命 私の医療保険
保険期間 75歳 終身
保険料払込期間 60歳 60歳
保険料日額1万円プラン 23141円 5700円

なんと、第一生命は医療保険のみでは加入できません。
特約をつける必要があるのです。
一番安い特約をつけて、いくらになるか見積もってもらったところ、
死亡保障特約(10年更新型)をつけて、23141円になります。

 

 

10年後の更新時にこの死亡保障を辞めることは可能です。
そうすると医療保険のみになり、
15855円を60歳まで払い続けることで75歳まで医療保険がつけられます。

 

 

 

 

正直、ひどい保険だと思います。
理由1.
加入する時に、ムダな死亡保障を強制加入させるから
理由2.
入院する可能性の高い75歳で期間満了になるから

 

 

 

保険会社から見ると、こうすることで莫大な利潤が得られるわけです。
とにかく、私は驚きました。
この保険に入ったら支払いに悩まされる他、
年を取った時に泣きを見るとしか思えません。
何も知らずにこういう高い保険をつけている方が沢山いらっしゃると思うと
とてもかわいそうに思います。

 

 

 

でも・・・、高い保険料を払っていることに気づかないのであれば
それはそれで良いことなのかもしれません。
痛みを感じないことが大事だと思います。

 

終身保険と定期保険のページに進む