高額療養費

健康保険の高額療養費

入院治療費のうち、健康保険の部分の治療費が
およそ8万円/月を超過した場合、
その8万円以上の治療費については健康保険組合が
後で負担してくれるのを知っていますか?
簡単に説明しますと、治療費50万円−8万円=42万円
約42万円は健康保険がてん補してくれる制度です。

 

 

 

これが高額療養費制度です。
ただし、収入によって自己負担分が変わります。
月収50万円以上の人は15万円まで自己負担です。

 

 

 

さらに、2つの病院で治療して、
治療費が5万円、4万円だった場合はてん補されません。
1つの病院で、という規則があります。
このような規則がありますので、
詳細はご自身でご確認願います。

 

 

 

さて、私は入院時1日1万円支給される医療保険に加入しました。
5千円〜1万円が一般的です。
私は何人かFPさんとお話しましたが、皆「1日1万円で十分です」
と言っていました。
1日8000円タイプだって良いくらいです。

 

 

 

高額療養費もあるし、そもそも医療保険を使う機会に当たるか分からないし
心配であれば自分で数千円でも毎月貯金していけば良い
とアドバイスしてくれました。
私もそうだ、と思いました。

 

 

 

この高額療養費制度の存在をを知っておけば
そんなに沢山、医療保険は要らないと言えます。
医療保険は使わなければ全額掛け捨てになってしまいますから。

 

 

 

それならば、最低限と言える1日1万円タイプの保険に入っておいて
入院時大部屋が取れず個室になってしまった場合の差額ベッド代、
先進医療治療費のために、
毎月いくらか自分で貯金しておいた方が良いでしょう。

 

 

 

保険を検討していると、
だんだん「保障を多く付けておいた方が良いかもしれない」という気持ちになってきます
(私もそうなりました)。

 

 

 

医療保険は、最低限かけておけば良いと私は思いました。
病気にならず、その分を貯めておいた場合、
その貯金は将来自分で年金代わりに使えると思っておくと良いです。