生命保険,入る

付き合いで保険に入る場合

生命保険に付き合いで入らざるを得ない、
あるいは既に入っているケースは多くあると思います。

 

 

 

付き合いで入る保険に関して、私はメリットを聞いたことがありません。
問題点しか見当たらないのです。
そもそも良い商品というものは付き合いで入ってもらわなくても自然に売れますから…。

 

 

 

さて、その問題点です。
契約者自身が契約内容を理解しないうちに保険に加入してしまうことはもちろん、
その保険を勧めた営業さんも保険商品について分かっていない場合が圧倒的に多いのです。よく知らないものを知人に紹介しているのです。

 

 

 

よくあるのが、生保レディさん始め保険の営業さん。
自社保険しか知りません(自社商品でさえ知らない場合も多いです)。
他社商品をよく知らない→比較のしようがない、その商品が良いのか悪いのか知らないのです。
そういう人から保険を買ってしまうというのは、いざ保険を使う時に心許ないと思います。

 

 

 

そして、しがらみ、付き合いで保険を売るのが国内大手保険会社。
外資保険会社と比較してみると分かるのですが、
大手生保会社の生命保険、医療保険は高いです。

 

 

 

保険料のムダな部分の総額は大した金額になります。
保険料は総額で200、300万円以上になることが多いです。

 

 

 

2、300万円の物を買う時、どのように購入しますか?
安易に購入せず、1ヶ月くらいは調査しませんか?
保険という商品は毎月の分割払いなので
その辺りの感覚が狂ってしまい、
勧誘を受けると
「月1万円くらいなら入ってあげるか…」と思うようになります。
車を勧められた時には「ムリムリ!」と言って断るのに…。

 

 

 

実は、保険は「付き合い」という理由で買うには高すぎる買い物なのです。
解約するという手はありますが、
保険はできれば最初から解約しないで済むように
買うのがベストです。

 

 

 

解約返戻金は微々たるものですし、
解約するとマイナスの副産物が沢山出てきます。

 

 

 

例えば、別の生命保険に入り直すとすると
保険年齢が上がるので保険料のベースが上がるからです。
30歳の時に入った保険を40歳で辞めて40歳から別の保険会社に入ると
40歳のタリフが適用されるので、30歳タリフと比べると高いです。

 

 

 

ですから、最初に保険に入る時に良い保険に入って、その保険をずっと続けるのが
一番賢いのです。
20歳で保険に入ったとしたら、ずっと50歳になっても20歳の保険料なのです。

 

 

 

 

それと、その「付き合い」の人が保険屋を辞めたらどうなるかご存知ですか?

 

 

 

まず、その高い保険を続ける理由がなくなります。
そして、次の担当者に引き継がれるわけですが、
引き継いだ人は、あなたの面倒を見てくれません。
あなたの面倒を見たって営業成績が上がるわけでもなし、
その後任者は自分の新規顧客獲得に全力を投じるだけです。

 

 

 

いざ保険を使いたい時、相談に乗ってくれるわけでもなく
「お客様センターに申請してください」と返答されます。

 

 

 

人間誰もが仕事を辞める可能性はあります。
その人が退職したとしても加入し続けたいと思う保険に入るべきなのです。
最初から一番良い!と思える保険に入るべきなのです。

 

 

 

付き合いで保険に入る場合、良い保険であることを祈るばかりです。

 

生命保険に会社の団体割引で入る場合のページに進む